男性と交際した経験

061j_72

いずれにしても、男性に惹かれると、とたんに反発するということは、ブレーキのききすぎを意味し、幼い反応と言わざるを得ません。これを直すには、まず第一に、男女のグループ交際から再出発すること。あなたのお勤めの会社にもクラブなどあるでしょうし、他にも世間には趣味やスポーツの同好サークルがいくらもあります。そういうものに加入し、おおぜいでにぎやかに楽しく活動してごらんなさい。第二に、一対一で男性とつきあう場合、「相手は男性なのだ」と、あまり強く意識しないように努力すること。男とか女とかいうことではなく、一個の人間として気の合った友人なのだと自分に言いきかせましょう。すると、だいぶすなおにふるまうことができるようになさります。良い出会いをお探しならばこちら→出会い系 サクラいない ここを読んでいるあなたにピッタリかもしれません。
また、あなたが”人間らしさ”、さらに良い意味の”女らしさ”を発揮することにし誰も抵抗を感ずる度合が少なくなります。やがて、ナチュラルにふるまうことがいちばん良い愛ことなのだと体得できるときがきます。

そんな努力は、思い切ってやめてごらんなさい

061h_72

逆に良い結果を得られるようになります。では、なぜ、あなたはわざとらしいのか。男性との交際が不慣れということも、原因の一つをなしていると思います。しかし、女子高、女子短大を出たといっても、通学の往復の乗りもの、街の中、至る所に男性はいるのであって、男の姿を見ない島で暮らしたわけではないのですから、真の原因はその奥にあります。原因を突き止め、改善したら←こちらで新しい自分を出してみましょう。
あなたの心の深層には、男とのつきあいに対する過大な期待がひそんでいるのです。「かなり大胆なことまで想像する」という言葉は、これを図らずも物語っています。空想が肥大すればするほど、抑制も強くはたらきます。かくて悪循環に陥っているのが現状なのです。この現状を悟り、アクセルとブレーキを同時に踏むようなマネはやめて、心を自由の境地に解放させましょう。男のことは放念し、関心を男でなく文芸や芸術に向けること。男女混合の趣味の同好会とか、何かのサークルとかに加入すること。スポーツを楽しむこと。男性とつきあうとき、相手は男だと過剰に意識せず、男女の区別なく人間どうしとしてザック・バランに接するよう努めること。これらを実行していると、かならず事態は好転します。

ありのままに自然にふるまうの

061g_72

希望をもっていいでしょう、脈はあると思いますよ。ですから、引っ込み思案を捨てて、勇気を恋って、改めて交際を申し込んでごらんなさい。あなたは、再び断られたらどうしよう、と恐れているのですね。どうもこうもありません。その場合には、きれいさっぱり、あきらめること。人間、ムシが好く、好かぬということがあり、ウマが合わない場合には、あきらめが肝心です。片思いに沈むなどというのは、自分を悲劇のヒロインに仕立てて、ひとりで酔っているだけで、ナンセンスです。その人よりはるかにすばらしい男性が、いずれ登場しますから、その日に備えて、広い意味の勉強に励み、内面性を開拓し、豊かにしておきなさい。だいたい、あなたは、その人を買いかぶりすぎています。その人の実体を見ておらず、勝手に美化し、理想化して、偶像を仰いでいます。それはそれで、ほほえましいことではあります。年をとったとき、青春時代のなつかしい思い出になるでしょう。しかし、度を越して、その人のことで頭の中をいっぱいにしていたのでは、ほかならぬ貴重な青春時代を粗末にすごしてしまう結果になります。たいへんに、もったいないことです。出会いを改めて探すなら出会いがない 社会人 ←こちらで頑張ってみてください。
申し込みが成功するにせよ、失敗するにせよ、いずれにしても、その人をありのままに観察し、ほどよく位置づけるよう、そして毎日を有意義におくるよう忠告します。それに向かって前進するためのステップ(段階)と考えて、緊張をゆるめて、その人に直接当たってごらん。