結婚して新婚旅行に出かけても

しかし反面、父親を愛してもいるために、男の子はその報復として去勢されるのではないかという恐怖心を抱くようになります。これを「エディプス・コンプレックス」といいます。そして、このエディプス・コンプレックスが成立するとき、男の子は、自分は父親に代わって母親を独占することはできないが、将来、父親のような男性になって母親のような女性を手に入れたいと、無意識のうちに考えるのです。男の子はこうした父親への敵意の抑圧を経て、自分も父親のような存在になろうとする「同一化」によって、エディプス・コンプレックスは克服されます。女の子の場合は「エレクトラ・コンプレックス」といって、これと逆に、父親に性愛を感じる一方で、母親に対して敵意を抱くようになります。これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。この場合もやはり、母親への敵意は抑圧されるからこそ、母親との同一化が生じ、エレクトラ・コンプレックスは克服されます。女性の社会進出が進むにつれてマザコン男は増加する●父親の存在感が希薄な家庭ほど、マザコン男が生まれやすい●男の意識の底には、もともと〃自分は母親の男〃という思いがあるOどんな男性にもマザー・コンプレックスがある最近、「マザコン」の男性が増えていると、女性週刊誌などで問題にされています。〃成田離婚″などという言葉もあるように、結婚して新婚旅行に出かけても、新妻と初夜をまっとうすることができず、それが原因で成田で離婚するというのですが、そうした新郎の大半がマザコンだというのが、その種の記事の結論となっています。しかし、精神医学の立場からすれば、世の中の男性でマザーコンプレックスを持っていない人など、ほとんどいません。

出典::

061g_72

理想の結婚相手

そうして次から次へと女性を求め歩くわけですが、これは幼くして死に別れた母親に対する源氏自身の思いが、現実の女性に「投影」されているからにほかなりません。つまり、光源氏は自分の見たこともない母親のイメージを、いろいろな女性の中に部分的に発見しながら、見果てぬ母親の幻影を追い求めたのです。だからこそ「浮気は男の甲斐性」という、男性の浮気を肯定するような言葉が生まれたわけで、女性は家でじっと男性の帰りを待つことを余儀なくされたということでしょうか。光源氏は男の理想かもしれませんが、男性というのは身勝手なもので、自分にとって〃都合のいい女″を求める傾向があります。つまり、食い逃げ(セックス)をしても後腐れがなくて、それでもなお自分のことを深く思ってくれるような女性が理想の相手というわけです。ところが実際にはそういう相手はそうそういませんから、不倫の深みにはまってしまう男性がいるのかもしれません。フロイトによると、人間は幼児期から性的欲求を抱いており、これが将来大人になったときの性欲につながるといいます。三歳から六歳ごろまでの子どもは、自分のいちばん身辺な異性l男の子であれば母親、女の子であれば父親lに強い性愛を感じるようになります。ここを読んだら、これからここ→出会系 アプリ で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。とくに男の子は、自分の母親を愛の対象として独占したいと思うと同時に、父親をライバルとみなし嫉妬心やライバル意識を抱くようになります。

DN180_L

政略結婚

このタイプの男性はひじょうに冷酷な心の持ち主で、彼の中にある理想の女性を求めて、次から次へと女性を渡り歩くのですが、結局はどの女性にも満足することができません。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。光源氏は典型的なドン・ファン型といえます。彼には桐壺の更衣というひじょうに美しい母親がいたと伝えられていますが、その母親とは彼が三歳のときに死別しています。彼は自分の母親である桐壺更衣の顔を見たことがないため、そのイメージだけがいつまでも心の中に残っているわけです。やがて母亡き後、帝の寵愛(ちようあい) を得て側室となった藤壺を恋い慕うようになります。彼は母親である桐壺の更衣に似ているといわれる藤壺に恋い焦がれますが、藤壺とは永遠に持続的な関係を結ぶことはできません。そして、この藤壼へのかなわぬ思いから、彼の際限ない女性遍歴が始まるのです。藤壷に似ているとの噂がある幼少の紫の上(藤壷の姪)を、まるで幼児略奪のように自邸に無理やり迎え取ったのも、彼女に藤壺の面影を見いだしたからにほかなりません。しかも、まだ七、八歳の幼い紫の上を、映画